FXコンテンツ

FXのイキナリ実践のススメ!

更新日:

いいかげんな取引をしないためにあえて実践を

FX取引を実際のリアルマネーで行う前に、デモトレードで練習したいという気持ちは痛いほどわかりますが、ココは思い切って、イキナリ実践をオススメしたいです。

人間というものは、本物のお金を取引する時とデモトレード等の仮想通貨で取引する時とでは心構えが全く違ってきます。

だから、実際のところ、仮想通貨で練習しようとしても、取引ツールの使い方のテストぐらいの経験にしかならないのが現実です。

むしろ、仮想通貨なので、いい加減な取引をしがちで、相場に対する緊張感がなくなってしまうおそれがあります。

こうなると、練習の意味もなく、全く身にならないのです。

ココは思い切って、リアルマネーで身銭を削って緊張感のあるトレードをして良い経験を積むことが近道なのです。

 

まずは1万通貨から

リアルマネーで取引する時に注意すべき点としては、大きなポジションで絶対しないという事です。

初心者にオススメなのでは、1万通貨から始めることです。

このポジション量なら、もし仮に、自分の予想とは逆の方向に1円動いてもマイナス1万円だけです。

勉強代としては多少大きいかもしれませんが、リアルな相場でのリアルな経験は本を読むよりも断然体にしみこんでくるはずです。

FXを始める前は、「損小利大」や「損切の大切さ」なんて、簡単にできるだろうと思いがちですが、実際にリアルマネーで取引すると、かなり難しいことがわかると思います。

ただし、よくわからないうちから調子にのって何万通貨も取引したり、損切りを設定しないままほったらかしにしたりは絶対にしないことです。

 

FX投資を舐めないこと

誤解している人が多いが、FXは簡単なものではないのです。

実際にFXでコンスタントに儲けるためには、経験も、知恵も、労力も、時間も必要です。

そして、利益となる可能性の裏側にリスクも存在する事をしっかり受け入れる必要があります。

楽して儲けるという甘い考えが抜けない人は、近いうちに破産して、FXでの負け組になってしまうでしょう。

投資とは、勉強そして実践、それでだめならまた勉強、そして実践の繰り返しです。

自分なりの工夫なども必須です。

新しいスポーツを習得するような感じで臨むのがいいでしょう。

そして何かの資格を取るぐらいの努力と時間をかける覚悟で臨まなければ、決してコンスタントに利益を上げられるようにはなれないのです。

FXは非常に自由度の高い投資ツールなので、パチスロのような使い方も可能だが、きちんと投資として考えてお金を増やそうと思うのなら、努力し、それ相応の時間を割く必要があります。

それが出来ない人は最初からやめたほうがいい世界なのです。

投資では、運が良ければ一度や二度は誰でも儲けることができます。

ある程度センスがあり、運もあれば、数か月にわたって収支をプラスにすることも可能でしょう。

しかし、半分以上の人は数か月以内に退場し、1年後に残っている人は1~2割。それが現実なのです。

FXを真剣に考え、儲けるための技術を学ぼうとする心構えがあれば、1年後に生き残る1~2割の中に入ることができる確率は高くなるはずです。

-FXコンテンツ

Copyright© スパモニFX , 2018 All Rights Reserved.