FXコンテンツ

どの経済指標が重要なの?

更新日:

種類と時期によっては1円以上も動く変動がある

指標発表後の相場の反応は、単純に指標の良し悪しではなく、市場予想との乖離できまりやすいこと、

また市場予想値よりもいい結果が出たからと言って、100%買われるわけではない点などは、株式市場などとよく似ています。

今回は、比較的、いつの時代も市場影響動画高い経済指標をピックアップしました。

反応の小さな経済指標で10~30pips、中程度の経済指標で20~50pips、おおきな経済指標で30~100pipsオーバーの反応があります。

いつも一方的に動くわけではない為、これらの変動を利益にしようとすれば、それなりの経験が必要ですが、経済指標の発表時間は公開されていて、決まっているという点が非常に重要です。これを使わない手はないです。

どの経済指標がどのような性質をもっているかは後に詳細を解説します。

発表時間に相場に向かい、主な発表後の変動において、相場の流れにのり、その後は適切なポジション管理・資金管理によって変動を利益化したいですが、この場合、デイトレよりもさらに短い時間で決済するスキャルトレードで行うことが一般的です。

スキャルトレードとは数分から数時間のうちにポジション構築から決済までを行う手法であり、その分、損切りポイントを徹底するなど厳格な取り決めが要求されます。

いずれにしても、一朝一夕で可能になるものではなく、リアルな体験に基づいてた本物の知識を習得する必要があります。

 

では、どの指標発表に注目するべきなのか?

下の図に特に重要なものを示しております。

この4つの指標発表を抑えておけば、とりあえずOKです。

-FXコンテンツ

Copyright© スパモニFX , 2018 All Rights Reserved.